2014/08/14

秋花粉に…

 先週あたりから、秋花粉の症状が出ている。

 以前は八月の終わりか九月のはじめごろだった。ここ数年は八月前半になっている。何かで首都圏でブタクサが減っているという話を聞いた。たしかにそんな気がする。漢方薬(小青龍湯)を飲む。この薬は秋花粉の時期には欠かせない。

『本の雑誌』九月号に、『私がデビューしたころ ミステリ作家51人の始まり』(東京創元社)と新刊ニュース編集部編『私がデビューしたころ ミステリ作家51人の始まり』(メディアパル)について書いた。
『小説すばる』九月号では、平野威馬雄の「お化けを守る会」の話。『小説すばる』で平野威馬雄を書くのは二回目です。平野威馬雄は翻訳もふくめると三〇〇冊ちかく著作がある。さすがにコンプリートはできそうにない。

 最近、日本の古本屋で菅野青顔著『萬有流転(上・下)』(三陸新報社、一九八〇年刊)を買う。昔、値段の折り合いがつかず、買いそびれたまま、忘れていたのだが、急にほしくなった。菅野青顔は気仙沼の人で辻潤とも交遊があった。

 キンドルで荒川弘の『鋼の錬金術師』を全巻揃えた。読み出したら、止まらん。

 これから一眠りして、起きたら仕事。……をする予定。