2009/05/21

大人の知恵

 一年、二年と月日が流れるうちに、自分の書いた文章や思考の欠陥が、大きく浮び上がってくる。
 でも書かなければ、そのことに気づかない。
 そのときそのときは、わかった気になっていたことも、時間とともに、どんどん更新されてゆき、何年か経つと、すっかりちがう考えになっていることがある。

 たとえば、二十代のわたしは、旅行のとき、お金をかけずに時間をかけたほうがいいとおもっていた。
 目的地に鈍行列車で行けば、途中の景色も楽しめるし、そのあいだ、読書もできる。ただし、移動による疲れで、目的地に着いてから、十分に活動できないことがしばしばあった。
 新幹線で行けば、お金はかかるし、旅情のようなものは味わえないが、体力が温存できるし、目的地に着いてからの時間も鈍行列車で行くより、長くとることができる。
 お金と時間と体力その他を計算して、よりよい手段はなにかと考え、そのときどきの最善を選ぶにこしたことはない。

 なにをあたりまえのことをいまさらとおもう人もいるかもしれないが、わたしは、ようやく、そんなふうにおもうようになった。
 何年かしたら、また考えが変わるかもしれない。

 住まいのことについても、いろいろ優先事項が変わってきた。
 どうせ仕事場に泊って家に帰らないのだから、極力安い部屋がいいと考えていたこともあったし、風呂なしでもいいから、本をたくさん置ける広い部屋がいいとおもったこともあった。

 でも今は、自分の希望と同居人の希望の折りあいをつけなければ、生活がなりたたない。
 そのうち、まず第一に、折りあいのつくような条件を考えるようになった。だんだん、その条件に合わせて、自分の考えや行動を変えることも、苦痛ではなくなってきた。むしろ、そのほうが楽かもしれないとさえおもうようになった。

 思考を保留することはあっても停止させない。
 常に、変化を前提にして考える。

 入念に計画して準備が整うまで動かないのと、いきあたりばったりでもいいからはじめてしまうのと、どちらがいいのかという問題がある。

 わたしは、慎重かつ小心ゆえ、いきあたりばったりで行動することが得意ではない。何もかんがえずに行動しているかのようにおもえる友人をみていると、いつもハラハラする。
 しかし、これも長い目でみると、計画派と行動派、あるいはそのバランスを気にする派のどれがいいのか、その人の向き不向きもあるし、ケースバイケースだとおもう。

 自分が苦手なことは人にまかせたり、逆に相手の苦手なことをひきうけたり、なんでもかんでも自分でやろうとしないことが、大人の知恵だろう。
 ただ、大人の知恵も、一度、いや、二度か三度か、なんでもかんでも自分でやってみるという経験なしには、なかなか身につかない。

 はじめから分業に徹すると、自分の意外な可能性、ほんとうの得手不得手に気づかずに一生終えてしまうこともある。もちろん、幸せならそれでいい。

 だから、なにかしたいとおもっている若い人には「とりあえず、やってみれば?」ということにしている。
 失敗は失敗で次の糧にすればいい。まあ、他人にはいえても、自分のことになるとむずかしいわけだが、そうおもう。