2013/07/28

ある仕事とない仕事(三)

 八年連続二百本安打を記録し、俊足強肩で知られたメジャーリーガーのウィリー・キーラー(1872−1923)は、記者になぜそんなにヒットが打てるのかという質問にたいし、こんなふうに答えている。

「よく見て、誰もいないところに打て」

 キーラー本人よりも、この言葉のほうが有名かもしれない。シンプルだけど、含蓄のあるいい言葉である。

 自分のスイングをして、会心の当たりを打つ。でもどんなにいい当たりだったとしても、打球が野手の正面に飛べばアウトになる。
 逆に、いい当たりではなくても、いいところに打てば、ヒットになる。

 そうした〈感覚〉が、小柄でパワーがなかったキーラーの持ち味だった。

 わたしはフリーランスの仕事というのは、すき間産業だとおもっている。というか、お金も人脈も実績もない個人は、最初はすき間産業に徹するしかない。

 すき間探しについていえば、何の応用も工夫もせず、簡単にうまくいく方法なんてないとおもったほうがいい。
 もしそんな方法があったら、すぐ人に模倣され、すぐ通用しなくなる。だから一見うまくいかなそうな方法だったり、周囲からちょっと無謀とおもわれるくらいのやり方のほうが可能性がある。

 キーラーの言葉に話を戻すと、「誰もいないところに打て」というのは、プロなら誰でも考えることだろうけど、誰でもできるわけではないという現実もある。

 キーラーは身長が一六〇センチちょっとしかなかった。その体格でメジャーで生き残るためには、人と同じことをやっていてはだめだと考えていたはずである。おそらく誰もいないところに打つために、人知れず、誰もしないような練習をしていだろう。

「何をすればいいですか」
「どうすればいいですか」

 その質問にたいしては「それはずっと考え続けるしかないんだよな」としかいえない。
 いろいろなことを調べて、いろいろなことを考えて、いろいろなことを試して、たまにうまくいく。

 だから、うまくいく方法だけでなく、「何をやってもおもうようにならないときに、どうやって自分を磨り減らさずにしのげるか」を考えたほうがいい。

 それから自分の経験でいうと、何をやってもうまくいかないときは、努力や練習が足りないだけでなく、ルールを半知半解のままプレーしていることがけっこうある。

 この話はまたいずれ。