2013/11/12

杉野清隆ライブ

 コタツを出して十日。昨日、この秋初のヒートテックの長そでを着て、今日、この秋初の貼るカイロ。
 今からこんなことで冬を乗り切れるのか。
 まだ十一月なのに。

 日曜日、ペリカン時代で金沢在住のシンガソングライター杉野清隆さんのライブを見に行った。
 CDの音もいいのだけど、ライブの音はもっといい(そのままライブ盤になりそう)。

 何時間でもぶっ通しで聴き続けられるような疲れない音。淡いとか、透きとおっているとかともちがう。なんていったらいいのか。鼻歌っぽい。ちがう。風呂場で歌いたいかんじの曲。そうじゃない。
 うーん、音楽を言葉にするのはまだるっこしい。できれば、「聴いて」の一言ですませたい。

 杉野さんの『メロウ』、『ふらっと通り』のアルバムジャケットを手がけている山川直人さんも来ていて、漫画の話をいろいろできたのも楽しかった(杉野さんとは、山川さんの文章も好きだという話で意気投合した)。

 金沢行きたいな。メロメロポッチで見てみたい。来年の目標にしよう。

 翌日、しめきりがあって、飲みすぎないようにセーブしていたのだが……失敗。ただ、途中でコーヒーを一杯飲んだおかげか、あまり酒は残らなかった。

 その後、仮眠をとって朝五時から仕事をする。
 何を書くのか決めてなくて、ひたすら「俺の魂が…やる気になるのを待つのだ!!」(島本和彦)状態が続いた。

 苦労したからといって、よくなるわけではないのがつらいところだ。