2008/12/10

年末進行中

 先週金曜日、東京ローカル・ホンクのライブを見るために、ぷらっとこだまで京都に行ってきた。一泊二日。
 ホンクは丸太町の陰陽(ネガポジ)というライブハウスに出演。
 このあいだ、渋谷のBYGで見たばかりなのに、わざわざ京都まで追っかけてしまったのは、ホンクのメンバーが扉野良人さんの家に泊ると聞いて、だったらいっしょに飲みたいとおもったのである。四十代にはいってから、東京ローカル・ホンクの木下弦二さんの詩が、ものすごく深くなっていて、そのあたり意識、気持の変化についていろいろ話を聞いてみたかったのだ。

 新しい曲が二曲あって、一曲は今の心象風景、地元の戸越銀座の商店街のことなどを歌っているのだが、ただ、ちょっと暗いものになったから、この世界は、もっといいものだということもいいたいとおもって、もうひとつの曲を作った。昔の曲は、自分のことばっかり歌っているけど、それはそれで今歌うとわるくない。ライブのMCでそういうことをいっていた。
 ほんとうに新しいことにとりくんでいる。
            *
 東京に帰ってきて、ここ二、三日いろいろ物おもいにふけった。とくにお金と時間のつかい方について。いいかえれば、なんに力を注ぐか、集中するかについて。
 長年、食っていくことを目標としていて、それはそれでたいへんなのだけど、それとはちがう、高いのか遠いのかわからないような目標を持たないといけないなと。文章を書くことにかぎらず、長くいい仕事を続けている人は、自分にいろいろなものを課している。そのいろいろが何なのか。

 そのことを深く考えるためには、言葉だけでなく、もっと経験がいる。

 仕事ばっかりしていると、正直、息がつまる。本、読んでいても、活字が頭にはいってこない、心に響いてこない。
 文章を書けば書くほど、どんどん備蓄が減ってしまうような気がする。
 同業者なら、多かれすくなかれ味わうことだとおもうが、なんらかの補給路を確保しておかないと、すぐカラカラになる。
 といっても、からだはひとつ、一日は二十四時間、一年は三百六十五日しかない。しかも齢をとると、吸収力が低下してくる。同じようなことを続けていると、すぐ行きづまる。すくなくとも本にかんしては、それなりに目がこえてしまっているから、自分がおもしろいとおもえるものに、なかなか出あえない。
 だから視野と行動範囲をひろげる必要がある。
 しかしからだはひとつ、時間と金にも限度がある。
 だから効率をあげるしかない。でも無駄を減らすと心がすさむ。
 このあたりのかねあいをどうしているのか。

 それとも何か根本からあらためたほうがいいのか。