2010/10/22

保留

《図式にとらわれすぎると、日常の感覚を損なう》

 あいかわらずのしりきれトンボ。あと一言二言と付けくわえたいとおもいながら、そのままにしてしまった。
 世代論は、多くの例外を含むが、世の中を考えるひとつのモノサシとしてそう簡単に否定はできないところもある。生まれ育った時代の影響も無視できない。

 時代経験は各人各様という事実もある。

 若いころは自分たちの世代は被害者だという意識がある。しかし被害者だとおもっていた世代が、いつの間にか加害者になるというのも、よくある話だ。

 おそらく四十歳前後のわたしと同世代の人が〈バブル世代〉といわれたときの戸惑いもそこにある。
 バブルの恩恵にあずかったのは上の世代だ。だから「こっちはそんなにいいおもいしてねえよ」とおもっている。
 ところが、これまでは世を拗ねる立場だったのが、いつの間にか、若い世代からすれば、ずっといいおもいをしてきた身勝手な中年とおもわれるようになった。「自分だけはちがう」という言い分は通用しない。

 どの世代も、そのときどきは自分のことでいっぱいいっぱいで、次の世代のことは考えられない。
 社会に出てからの時間のすごし方で、同じ世代でもまったく考え方がちがってくる。ひさしぶりに学生時代の旧友に会っても、別人のように性格が変わっていたり、子供のころ見たテレビのことくらいしか共通の話題がなかったり、むしろ同世代は同世代でどんどんバラけているような気もする。

 やっぱり、まとまらん。
 もうすこし時間をかけて考えてみたい。今はその時間がないのだが。