2010/10/28

神田古本まつりとえいでんまつり

 気温が急に下がって、睡眠時間がズレまくる。午後三時に起き、夕方、頭がぼーっとしたまま、打ち合わせのため神保町。
 神田古本まつりの初日だったので、三省堂書店の周辺だけ、すこしだけ見る。人が多すぎて、棚の前に行けないくらいの盛況だった。
 ここ数日、寝ている時間以外、ほとんど読書と執筆という日が続いていて、急に大量の古本を見て、頭が混乱する。
 神保町でパラフィンのかかっている古本見ると、なんとなく、高そうとおもってしまうが、値段を見ると、けっこう安くて、あれっと肩透かし。でもそんなに読みたい本ではなかったので、棚に戻す。
 ふだん、古本屋をまわっていても、あんまり見かけない、ちくま文庫や講談社文芸文庫の品切本がこれでもかというくらい並んでいた。それなりの値段だったので手が出なかったのだが。

 新刊で、辰巳ヨシヒロ著『劇画暮らし』(本の雑誌社)と伊吹隼人著『「トキワ荘」無頼派 漫画家・森安なおや伝』(社会評論社)と立て続けに気になる本が刊行された。
 すこし前に出た藤子不二雄Aの『PARマンの情熱的な日々 漫画家人生途中下車編』(ジャンプスクエア)もおすすめ。

 十月三十日(土)の京都の叡山電車の一箱古本市、前日から京都に泊るか、当日、始発の新幹線で向かうか、思案中。

「一箱古本市 in えいでんまつり」

2005年に東京の不忍ブックストリートで始まり、いまや全国各地で催されている一箱古本市を、京都市左京区を走る叡山電車の「鉄道の日」協賛イベント「第6回えいでんまつり」の催しのひとつとして開催いたします。
なお、当日はちせさんによるチャイや自家製ジャムの販売も。
乗って・撮って・読んで・食べて・聴いてのえいでんまつりで、たのしい秋のひとときをお過ごしください。

【日時】平成22年10月30日(土) 10:00-16:00(雨天決行)
【会場】叡山電車・修学院車庫(修学院駅下車すぐ)
【主催】ガケ書房
【共催】ちせ
【協賛】叡山電鉄
【協力】恵文社一乗寺店・古書善行堂・ぱんとたまねぎ・hellbent lab
【お問い合わせ】ガケ書房 http://www.h7.dion.ne.jp/~gakegake/

当日は、コトバヨネットさんによる
一箱古本市、初(?)のインターネット中継も予定。
http://kotobayo.tv/

また叡山電車さんのほうでも(こちらもおそらく初)、
イベント列車の運転席からの眺めをユーストリームで放映されるそうです。
お楽しみに!

「第6回えいでんまつり」
http://www.keihannet.ne.jp/eiden/ensen/eiden-matsuri/matsuri001.html