2011/06/28

Book! Book! SENDAI

 週末、Book! BooK! SENDAIに行ってきた。今回は本を出品せず。仙台駅を降りて、アーケードを通って、古本市の会場に向かっている途中、NEGIさんとばったり会う。

 出張わめぞが設営中。カバンを置かせてもらって、開始前の会場を散策する。
 サンモール一番町商店街からちょっとそれたところにある野中神社が一日限りのBook! Book! 神社になるとのことで、担当のジュンクのジュンちゃんに案内してもらう。
 おみくじは大吉だった。
 午前十一時、開始。
 人通りがとぎれず、ものすごく、にぎわっている。
 わめぞエリアも、すぐ人だかりができ、次々と本が売れていく。

 昼すぎ、書本&cafe マゼランに行って、喫茶ホルンで休憩する。
 マゼランでは折原脩三著と『辻まこと・父親辻潤』(平凡社ライブラリー)と『パーキンソンの政治法則』(至誠堂)を買った。
 パーキンソンは昨年の(自分内)課題図書だったのだが、「政治法則」は未読だった。
 今年の下半期は辻まことを読みまくりたい。

 会場に戻って、三月の震災直前にサンモール一番町商店街に移転した中古レコード屋のヴォリューム1をのぞく。ゴールドブライアーズの紙ジャケCD、ジェイムス・テイラーの「IN THE POCKET」などを買う。
 前の店のときより古本コーナーも増えていた。店主さんに、石巻の日本酒をいただき恐縮する。大事に飲みたい。

 ワインを飲んで、ほろ酔いで古本市の会場をうろうろしているうちに、出発前にはいろいろ気になっていた震災のことをすっかり忘れていた。夕方くらいまで残っていたら、買おうとおもっていた本は、ことごとく売れていた。

 終了まぎわに『てくり』の木村さんに挨拶することができた。

 韓国料理の店で開催された打ち上げにわめぞ枠でまざる。
 ひさしぶりに会う人も多くて、時間がぜんぜん足りない。
 南陀楼綾繁さんがごはん屋つるまきに泊ると聞いて、その場で交渉し、宿を確保。また若生さんのお世話になることに……。

 前日まで東京は気温三十度をこえていたのだが、仙台は長そでのシャツ(さらに薄い上着)でも涼しくかんじた。

 日曜の夕方、東京駅に着いたら、東北新幹線のホームが帰省ラッシュ並に人でいっぱいだった。