2011/09/27

小休止

 岡崎武志さんとの西荻ブックマークが無事終了。
 言葉につまるたびに、岡崎さんが何度となく助け船質問を繰り出してくれて、話やすかった。前に『本の雑誌』で岡崎さんと対談したときもそうおもった。

 今回のトークショーで、インタビューの仕事の話になった。アポイントの電話で緊張する。会いに行く途中でおなかが痛くなる。いざ会ってみると、まったく話がはずまない。そんなことの連続だった。

 向き不向きというより、対人関係における基本能力が欠落しているからではないかとおもう。

 話がうまい人は、人の話を受け止める技術がすごく高い。
 インタビューや対談、ふだんの人間関係も場数をふんで学んでいくことはたくさんある。
 ところが、苦手意識があると、その場数をふむことを避けてしまう。
 苦手なことはしない方向で努力してきたのだけど、ちょっと変えていきたいとおもった。
             *
 疲れがたまってきているなとおもうとき、(時間に余裕があればだけど)すごしだけ手間をかけた料理をつくると気持が落ち着く。

 ここ数年、鳥がらスープを作ることに凝っている。ただ骨付の鳥肉(あるいはフライドチキンの残り)を煮込むだけなのだが、そのあいだ、火加減の調節に専念し、無心になれるのがいい。
 最後は市販の鳥がらスープの素を足して、味を調節する。
 鳥がらスープができたら、野菜を煮込み、ラーメンを作ったり、雑炊を作ったりする。
 仕上げのとき卵は、先にスープをすこし卵とまぜて温めからいれる。そうすると、ふわっとしたとき卵ができる。正しい方法かどうかは知らないが、昔からそうしている。

 震災後、「日常を取り戻す」という言葉をよく目にした。わたしも似たようなことを考えていた。
 でも今は「日常を見つめ直したい」という気持に傾いてきている。

 効率よく家事をすること、仕事をすることへの興味が薄れている。