2013/08/12

ある仕事とない仕事(五)

 これといった根拠もなく「三十歳くらいまではふらふらしていても大丈夫」だとおもっていた。
 フリーランスの仕事を続けていると、定職に就いていない知人が増える。というか、まわりがそういう人たちばかりになる。東京の中央線沿線はフリーランス人口が多いから、余計にそうなる。

 何度となく「好きなことをやるのはかまわない。でも趣味としてやればいいんじゃないか」と忠告された。

 会社に就職して毎月給料をもらって、余暇の時間を利用して本を読んだり、文章を書いたりする生活を送る方法もあったとおもう。

 趣味と仕事がいりまじった生活をいかに持続するかと考えると、どうしても家賃や生活費その他の問題が浮上してくる。

 仕事を作る〈感覚〉についていえば、何が武器になり、何が武器にならないのか——わたしはその見極めがなかなかできなかった。

 本を読むのが好きで、文章を書くのが好きだったが、物書の世界ではそんな人はゴロゴロいる。
 中途半端な知識や技術は武器にならない。それを中途半端ではないようにするには時間がかかる。

 五年、十年とやって結果が出ないということは、何か間違っているのだろう。

 依頼された仕事を受けて堅実にこなす。食っていくためには、そういうこともできたほうがいい。でもそれだけだと続かない。数をこなすことが、技術の修練になる時期がすぎると、受け身の仕事ばかりだと手ごたえがかんじられなくなる。

 自分の名前で仕事がしたい。
 そう簡単には、その仕事の空席はできない。

 たとえ自分にできる最高の仕事をしたとしても、商売として成立させられるかどうかはまた別の力がいる。

 話が進まない。いまだにどうしたらいいのかなと考えている。

……まだ続くよ。