2009/10/29

自己基準

 睡眠時間がズレる日々が続く。かれこれ三十年くらい、そういうかんじの生活を送っているので、慣れたといえば、慣れた。
 こうした生活習慣が今の仕事を決めるときの大きな職業選択の基準になったことはたしかだ。

 好きなときに寝て起きても許される仕事なんてほかにそうはない。
 不安定な生活と天秤にかけてもお釣りがくる。

 今の不景気をかんがえると、今、もし自分が学生だったら、就職する道を選んだかもしれない。食えるかどうか何の保証もない仕事を選べるかといえば、自信がない。
 わたしの学生時代は、バブルの時代だったから、いざとなったらアルバイトをすれば、自分ひとり分くらいなら食っていけそうだ、というゆるさがあった。

 どんな仕事でもやってみないとわからないことだらけである。
 フリーライターをやっているうちに、校正やらテープおこしやら資料調べやら、原稿を書く以外の食う術があることを知った。
 ただ、堪え性がなかったら、いろいろな出版社を転々とした。
 どこにいっても、また一から下積みをくりかえさないと先に進めない。そのことが転々としているうちにわかった。
 もっと早く気づきたかったとおもうが、そういうことは経験してみないとわからない。でも、転々とした経験も、自分の向き不向きを知る上では、まったく無意味ではなかったとおもう。

 何度か失業および無収入状態を経験した。何度も味わいたいものではないが、おそれていたほどのものではない、というのが実感だ。

 仕事のあいま、岡崎武志著『あなたよりも貧乏な人』(メディアファクトリー)を読んだ。

《貧乏に負けて、小さく縮こまっていく者もあれば、そこで鍛えられて、なにごとも「全然ヘッチャラ」と思える者もある。人間次第、ということだ》

 そのちがいはどこにあるのだろう。
 この本に登場する貧乏経験者は、世間の基準ではなく、自分だけの基準を持っている。
 その基準は世間一般の基準からすれば、「ズレ」ているのだけど、「ズレ」をなくすことが、かならずしも、その人の幸せにつながるわけではない。

 一区切りついたら、「ズレ」について、もうすこし考えてみたい。