2011/11/29

yumbo、鉄塔文庫

……今回の仙台行の目的のひとつはyumboのライブを見ることだった。

 新メンバー(弦楽器も管楽器もできる)が加入してからのはじめてのライブ。yumboの音楽は、緻密で繊細だけど、きっちり作られた曲をところどころ崩したり、壊したりしていて、音で遊んでいるような自由さがある。ホルン(トランペットやトロンボーンがはいることも)とドラムとピアノの編成で、曲によってギターやベース、大正琴(?)など、次々と楽器の担当が入れ替わる。

 わたしは今のyumboのライブが見たかった。仙台に行って、その時間を味わいたかった。
 最近、簡単に得られる情報(文化)に食傷気味になっている。

 ライブのあと、前野さんと会場で会った仙台在住のフリーライターのT君と壱弐参(いろは)横町で今月オープンしたばかり鉄塔文庫という古本酒場に連れていってもらった。

 しばらくして閖上のKさんも合流する。

 店の中には佐伯一麦さんの本がずらっと並んでいて、ちょっと前まで「まだ本を読む気になれない」といっていたKさんが次々とテーブルに本を積みはじめる。

 料理もうまいし、雰囲気もよかった。また行きたい場所が増えた。

 この日はyumboの澁谷さんの家に泊めてもらった。コタツにはいって、本に囲まれて、CD(主にスティーリー・ダンを聴きながら、朝方まで雑談する。

 翌日、マゼランで古本を買って、ホルン(澁谷夫妻の店)でコーヒーを飲んで、火星の庭に寄って、東京に帰った。
                     *
 この三年くらいのあいだで、仙台の滞在日数は三十日以上になっている。

 火星の庭を通して知り合った若い人たちと話していると、ここから新しい文化(暮らし方)が生まれてきそうな予感がする。それが何かはまだわからないのだが、五ヶ月ぶりに仙台を訪れて、その変化の兆しのようなものを以前よりさらに強くかんじた。

 漠然とした感想ですみません。
 もうすこし時間できたら、続きを書きます。