2009/09/03

権限と責任

 怠ける、やりすごす……という話を書いたが、ちょっと消化不良のところがあるかなとおもったので、書き足すことにする。

 誰もが「自分には権限がない」とおもい、無責任にふるまったとすれば、めちゃくちゃな状況に陥る。めちゃくちゃな状況というのは、みんなが無責任なのではなく、誰に何の権限があるのかわからなくなっているといいかえることもできる。「責任の所在をはっきりしろ」といっても、所在がはっきりしない組織はたくさんある。
 その結果、弱いところにしわよせがいく。

 売り上げの落ちている雑誌があって、なにかいいアイデアを出してくれといわれる。
 今の状況を改善しようとおもったら、一頁二頁の新企画ではなく、雑誌のあり方、あるいは出版社のあり方を変えなければどうにもならないということがある。

 担当者にそんな権限はない。編集長にもない。現状を維持する権限はあっても、一か八かの変革を実行する権限は誰ももっていない。そうやって手をこまねいているうちに、どんどんじり貧になる。

 組織の大小に関わらず、そういうことはほんとうによくある。

 自民党崩壊の構図も似たようなものかもしれない。

 権限はあっても、さまざまなしがらみがあって行使できない。また権限の行使の仕方がわからず、「責任力」というキャッチコピーだけがむなしく響きわたる。
 今、選挙をすれば負けそうだからと解散をずるずるひきのばしているうちに、立て直しができないくらいの大敗をまねく。傷が浅いうちにうまく負けるという知恵がないと大けがをする。

 売り上げが不振の雑誌の話に戻すと、かつてはある一定の読者がいることを前提に、競合する雑誌よりもおもしろいもの、もしくは競合相手がいないようなものを作れば売り上げを伸ばすことができた。
 しかし競合相手はライバル誌ではなく、インターネットや携帯電話だとしたらどうか。さらに少子高齢化社会という人口分布の変化も売り上げに影響しているとしたらどうか。

 二十代、三十代くらいの編集者は、そういう危機感をもっている。まわりの同世代の友人の多くは本も読まないし、雑誌も買わないし、新聞も購読していない。活字にお金をつかわない。
 小手先の改良ではどうにもならない現実に直面しながら仕事をしている。

 それでこれまでの読者を満足させる企画よりも、新しい読者をつくる企画を考える。
 その企画をすすめると、これまでの読者は離れていくかもしれないし、新しい読者がつくかどうかもわからない。

 この問題に解決策はあるのか。

(……続く)