2010/12/07

文化の基盤 その二

 仕事が一段落し、十日ぶりくらいに中野ブロードウェイのまんだらけに行く。
 家にずっとこもって文章を書いて、その合間に古本屋に行って、人と会話するのは飲み屋に行ったときだけ。
 わたしはそういう生活がきらいではないのだが、これは不健康なことかもしれないとおもう。でもこうした不健康さも必要だとおもう気持もある。

 鮎川信夫の「文化の基盤」という言葉について、もうすこし考えてみたい。

 鮎川自身は「単独者」であることを自分に課していた詩人だ。
 廃虚のようなほこりの積もった家で詩を書き、親しい知人ですら、その私生活は謎だった。そういう人物が「文化の基盤」の重要性を説いているのである。
 また鮎川信夫は「荒地」の詩人は「相互酷評集団」だったと語っていたこともある。晩年は疎遠になったが、吉本隆明と長期にわたる対談も鮎川信夫にとっての「文化の基盤」につながっていたのではないかとおもう。

 詩人にかぎらず、誰とも共有できない(共有しにくい)観念をもち続けることはかなりしんどいことだ。
 今の時代はインターネットの普及によって、同好の士を見つけることは昔よりはたやすくなった。簡単に得られるものは簡単に失いやすい。ひとりで考えていると、「わかりあえる」「わかりあえない」の境界がどんどん曖昧になってしまう。
 自分の理解が浅いから通じないのか、考えがヘンだから通じないのか、いい方がまぎらわしいから通じないのかも曖昧になる。

「わかりあえない(わかりにくい)」ものを通じさせたいとおもうと、まわりくどいいい方になりがちだし、共感と同じかそれ以上に反発や黙殺がある。

 たとえ無理解(自分の無力さに起因するところもふくむ)にさらされても、「文化の基盤」のようなものがあれば、なんというか、気持を立て直しやすくなる。

(……続く)