2014/02/28

フォームとセオリー その二

 自分が「欠陥車」であると自覚せずに、急発進や急ブレーキをくりかえしていれば、どこかで故障する。
 体力がないのに力まかせの「フォーム」を身につけようとしてもうまくいかない。
 色川武大の「フォーム」と「セオリー」は「こうすればうまくいく」とか「ギャンブル必勝法」といった類の話ではない。
 くりかえし語られているのは、誰にでもすぐできるようなやり方は通用しないということだ。

 プロ同士の戦いではお互い「セオリー」を熟知しているから、武器にはならない。

 でも「セオリー」を知らずにゲームに参加にすればカモにされる。つまり「セオリー」はカモにならないための最低限の知恵といってもいい。
 そして勝負どころは「セオリー」の先にある。

 世の中には一般論や慣習はあるが、かならずしも自分に合うとはかぎらない。

 たとえば、その投げ方だと肩を壊すという助言されたとしても、人によっては自分の投げ方以外の投げ方をすると、どこにでもいる凡庸なピッチャーになってしまうこともある。

 もともと身体能力が高ければ、基本に忠実なやり方も立派に通用するだろうが、そうでなければ、何か工夫しないといけない。
 かといって、ちょっと変わったフォームで投げればいいのかといえば、そうともかぎらない。

 フリーランスの場合、ひとりの依頼主が「だめ」だといっても、どこかで「それもありかな」といってくれる人がいれば、仕事は成立する。
 手っ取り早く仕事をするには、あるていど万人受けする「フォーム」も有効かもしれないが、正直、その道は競争が激しいし、能力差がモロに出る。

 いわゆる「欠陥車」タイプは、その道を避けたほうがいい。

 変則派には変則派の「セオリー」と「フォーム」がある。

 野球漫画の『グラゼニ』にこんなシーンがある。
 主人公の変則派のピッチャーが、フォームを改造して球威がアップする。その分、コントロールが乱れるようになって、大事なところで打たれてしまう。
 その結果、自分の生命線はスピードではなく、コントロールだと痛感する。

 このエピソードは色川武大の「セオリー」と「フォーム」の話にも通じるとおもう。

 ひとつの欠点を改めると、別の欠点が生じる。
 短所を直して、長所を失う。

 だからこそ、自分の生命線となる能力を見極める必要がある。

(……続く)